ブライダル

Tantalumの結婚指輪


タンタルという金属の特徴はそのグレーの色

まずはタンタルの色
 タンタルとチタニウムとシルバーの比較

一番上:シルバー950
真ん中:チタニウム
一番下:タンタル
同じグレーの金属色でもこんなに違いがあります。銀はとても明るい一方、
温かみのあるグレーがチタニウム。
青みの強いのがタンタルということがわかります。

その結婚指輪、紛争鉱物ではありませんか?

貴金属の自在な加工性に比べ、硬さがデザインのバリエーションを阻んでいますが、その強靭な硬さ、耐久性から、毎日良いモノを使い続けるという観点からチタンの結婚指輪を選ぶひとが増えてきています。海外ではタンタル製のマリッジリングがそのめずらしさがメンズに人気でしたが紛争鉱物ということがだんだん認知され、紛争ダイヤモンドと同様の問題が起こっています。

結婚指輪の異端児

伝統的な宝飾にタンタルという素材もチタン同様ありませんでした。


海外のマリッジリングにはプラチナ一辺倒な日本との大きな違いがあります。

カラーの特徴

タンタルは高級時計の素材としても使われています。とくにそのカラーの特徴により、洗練された都会的なタンタルカラーのイメージが男性に似合います。

ダークグレートーンが人気の理由

Tantalum資料 

2000-12-26
http://blog.andytaylor.me/post/623770477/tantalum-wedding-rings-by-sean-oconnell-this-is

タンタルとコンゴの関係

タンタルはリサイクル優先金属であり、原料となるコルタンはコンフリクトミネラルであり、そのコルタンの算出するコンゴで続く紛争の資金となっていることも忘れてはならないのも事実です。文字よりもアニメーションの方が締めつけられるような伝わるものがあります。 Steve Cutts

タンタルをはじめとするレアメタルの動向

タンタルの需給バランスと供給制限による品薄状態

供給面では、コンゴ民主共和国周辺から産出される鉱石の世界的な使用制限の動きによ り、世界的に供給不足となっています。特に、3TGへの米国金融規制改革法(Dodd-Frank法)や OECD諸国で、コンゴ民主共和国、ルワンダなど紛争国において不法採掘鉱物の取引強化の取組みが進んでいます。

タンタルの原料コルタンの採掘現場

レアメタル

タンタルと資源戦争
今最もヤバイレアメタル
タンタルの産地DRC(コンゴ民主共和国)やルワンダには、搾取を続けた西欧列強の侵略主義の歴史があるます。コンゴ民主共和国は旧ザイールです。人類史に残るルワンダの大量虐殺事件は1974年にルワンダで起こっています。しかし史上最悪の植民地支配を続けた宗主国ベルギーによるレオポルド3世時代には、3000万人の大量殺戮が起こされたと報告されています。これほどまでに熾烈な歴史の中で地下資源があまりにも豊富であることからDRCではいまだに陰に隠れた資源戦争がくすぶっています。
タンタルというレアメタルは携帯電話のコンデンサに使われる金属。主要産地の一つ、コンゴ民主共和国は1998年から続く内戦が今も続き、政治は不安定。そんな中、国立公園の中にまでタンタルの違法採掘者が入り込み、その際の貴重なタンパク源として、ゴリラを殺して食料にするという事態が起きている。
コンフリクト タンタル 資料*戦争とタンタルの切っても切れない事情
紛争国であるコンゴ民主共和国では、政治構造の問題が、経済構造の問題と重なり合い、タンタルとなる天然資源コルタンが武力紛争と結び付けていく温床として働いてしまう実態があります。ダイヤモンド産出国には、高い確率の紛争発生するということと同様に、タンタル原料の産出国もアフリカでの武力紛争と天然資源の結びつきを象徴的に示す事例の一つとなっています。
携帯電話やテレビゲーム機に多用されて需要が増加した2000年の一年間で価格が11倍にもなったというレアメタルのタンタルの収奪から、多大な利益を得る戦争経済が成り立っています。
ノーベル平和賞が問いかける紛争鉱物と日本の関係 | 東京大学

クリックひとつでスポンサーが募金

あなたがクリックするだけで負担はありません紛争レアメタルをなくすためにテラルネッサンスブログこのような残酷な子ども兵の問題は、なぜ生まれたのでしょうか?私たちの豊かな暮らしと、決して無関係ではないと分かってきました。 たとえば、携帯電話やパソコンや結婚指輪に利用される「タンタル」という金属(レアメタル)。

素材にはどんな金属がある?

ビューティ

  • ウェディングドレス
  • ブーケ
  • ヘア・メイク
  • ネイル
  • ブライダルエステ